レーシック種類比較してみたら?

レーシックにはいろんな種類がありますが、一番症例が多いのはレーシックとイントラレーシックです。
レーシックとイントラレーシックは、手術行程はほぼ同じなのですが、フラップの作成方法に大きな違いがあります。
フラップというのは、角膜を手術した後、角膜を保護するための蓋のようなもので、レーシック手術をする際、一番最初に作成します。
レーシックでは、マイクロケラトームという機器を使って、角膜の表面を切り取っていくのですが、このマイクロケラトームで作成出来るフラップは160μmになります。
イントラレーシックでフラップを作成する場合、イントラレースという高精度のレーザー機器を使うので、フラップは100μmまで薄くすることが出来ます。