プロバイダ解約で違約金が発生

乗り換えや短期での契約がお得だと方々でおすすめされているプロバイダですが、違約金の存在を無視して都合の良い話をしているところが多い印象を受けます。
最低利用期間のあるサービスでは、その期間内に解約すると違約金が発生します。
詳しくは「違約金に関する問い合わせ先」が各社用意されているので、そちらにお尋ね頂きたいのですが、今回は簡単に例をご紹介します。
違約金と一口にいってもその"違えた"内容によって払う金額に当然差があり、NTTの場合、分割払いの途中でフレッツ光を解約すると、支払いが済んでいない残りの初期工事費用を一括で払うことになります。
他方「にねん割」など契約時に利用期間を保障した場合は、早いほどその解約金が高くなる傾向にあるようです。
フレッツ光体験談大暴露!乗換えするメリットは?【格安申込みはここ!】