フラット35と金利の推移は?

フラット35の金利についてまとめてみましょう。
平成27年1月9日から、平成28年2月29日までの間に借り入れをする方の場合、1.
380%から2.
320%となっています。
借入期間が21年未満ですと低めで、21年以上になるとそれよりも高くなるという傾向があります。
フラット35で金利を下げるには、フラット35Sを利用する方法があります。
優良住宅の普及が目的の一つであるフラット35では、建物の建築基準に適合しているか検査期間に検査を依頼し、基準をクリアした住宅に適合証明書を与えます。
フラット35Sでは、より厳しい基準をクリアした住宅を購入するのに利用出来、一定期間金利の引き下げを受けることが出来ます。
3000万円の借り入れで試算すると、引き下げの効果は174万円になる事もあります。